title
title
Back Number

豊かで安全なまちづくりへ。北のみなとの新たな取り組み
2005(平成17)年10月17日、豪華クルーズ船アムステルダム(総トン数61,000t、総定員1,653人)が青森港の新中央ふ頭に寄港したときの様子。クルーズ船社のホーランドアメリカライン社は130年を超える歴史を持ち、これまでのべ900万人以上の旅行客が乗船した名門。アムステルダムは同社が誇る五ツ星クルーズ船のひとつである

本州の玄関口から世界の玄関口へ
 昨年10月、新中央ふ頭に大型客船「アムステルダム」が寄港した。この船は世界屈指のクルーズ船社ホーランドアメリカラインが誇る61,000tの豪華客船。青森港が開港して以来最大級だ。航路は、ロシアのハバロフスクを出発し青森港を経て横浜へ。青森港が日本のファースト・ポートとなったのである。
 当日アムステルダムを待っていたのは、真新しいふ頭に集まった市民の大歓迎であった。歓迎セレモニーでは、船長以下乗組員へ青森の名産品を贈呈。また、乗船客に踊りや津軽三味線などの郷土芸能が披露されたほか、ねぶた衣装の着付体験やお土産の民工芸品の販売など、青森の伝統文化を体感できるさまざまな催しが行われた。
 セレモニーの後は、三内丸山遺跡やねぶたの里などの名所を巡るバス観光に案内するほか、市内散策に出かける乗船客をボランティアの通訳がガイド。初めての試みながら乗船客からたいへんな好評を得たという。
 この記念すべき出来事は「青森港国際化推進協議会」の取り組みが実を結んだものだ。本協議会は、青森港における外航船や内航船の利用促進を通じて地域経済の活性化を図るため、青森県と青森市、商工会議所が中心となって2000(平成12)年に設立。国内外のクルーズ船社や代理店などに寄港を働きかけるポートセールスをはじめ、企業へのヒアリングやアンケートによる調査、意見交換、セミナー、コンベンション出展など精力的なPR活動を展開している。
 北海道との交流拠点として栄えてきた青森港は、いま日本の玄関口として歩み出したところだ。この地には、ねぶたは言うに及ばず、リンゴやホタテといった世界に誇れる郷土の資源がある。このたびのアムステルダム寄港が、青森の国際化の輝かしい一歩となることを願いたい。

青森県 県土整備部
山崎愼一
港湾空港課長
 昨年の「アムステルダム」の寄港は、青森港史上最大級の大型外国旅客船をお迎えできたことに加えて、日本における最初の寄港地に選ばれたという点においてもたいへん光栄でした。
 歓迎セレモニーをはじめとする企画は青森港国際化推進協議会が中心となって運営推進。おかげさまでご好評いただくことができたようです。
 協議会としては今後も青森港のさらなる活性化へ向けて地道な努力をつづけていかなければなりませんが、昨年度はアムステルダムを含む9隻が寄港。本年度も同程度の案件が決定しており、5月にはアムステルダムと同クラスの「スタテンダム」が寄港する予定で、ある程度コンスタントなペースが作れてきているといえるでしょう。
 客船だけでなく貨物船についても成果が表れてきています。青森港の取扱貨物の8割以上はフェリー貨物で、国内の移出入が中心。国道7号など幹線道路へのアクセスが良好で、臨港道路もすでに拡充されているので、物流拠点としてさらに活性化していく可能性をもっています。県内外の企業にもっとご利用いただけるよう、協議会ではこれからも幅広い取り組みをつづけていく計画です。(談)

自然の脅威から市民を守るために
 青森市は人口30万都市としては世界でも稀なほど雪が多く、日本の県庁所在地で唯一特別豪雪地帯に指定されている。雪害対策もまた、まちづくりの一環だ。
 青森ベイブリッジでは、冬の路面凍結を防ぐ融雪改良工事を実施。今後、海水を利用したロードヒーター設備を付加する。
 また、市内から出る排雪のうち半分は海中へ投雪して処理されるが、雪に混じったゴミや土砂などによる水質汚染の問題も無視できない。これを解消するため、本港地区の浜町ふ頭に隣接する緑地において、海中に投雪された雪に混じるゴミ等の分散を防ぎ、また取り除くことができる施設が日本で初めて整備されることとなった。雪国の港ならではの施設である。
 一方、青森は大きな地震の少ない土地だが、近年では思わぬ地域が被災する例もある。そこで、室蘭との貨物輸送拠点である沖館地区のフェリーふ頭の−7.5m岸壁について、震度6弱以上の大地震の際にも人や物資の輸送ルートを確保できるよう耐震化。来年度の完成をめざす。フェリーふ頭を耐震化するのは東北では初、全国でも数少ない。

沖館地区のフェリーふ頭にある4ヵ所の乗り場のうち、最も市街地に近い第4バースの耐震強化工事が進む
 
浜町ふ頭の緑地整備に併せて、冬期でも気温より高温の海水熱を利用して雪を融かす融雪施設が整備される。後から海底に沈んだ不要物を浚渫し、ゴミ等の分散を防ぐ日本初の施設だ。

日本の北方木造船の技術を、後世へ伝えるためにー みちのく北方漁船博物館
木造船の博物館としては日本最大級
みちのく
北方漁船博物館
阿部有之館長
 みちのく北方漁船博物館では北海道と東北地方の伝統的な構造を持つ木造船を収集。国指定の重要有形民俗文化財67隻を含む約200隻が展示されており、丸木船からムダマハギ(準構造船)、シマイハギ(構造船)まで、北日本特有の木造船技術の進化に触れられる。同館の阿部有之館長は次のように語る。「昔ながらの造船技術は図面に残されておらず、船大工の方の頭のなかだけにあるもの。彼らも高齢化しているので、現物を保存することで優れた技術を後世に伝えられればと思います」。(談)
[写真左]海外から取り寄せた木造船も展示
[写真中]地元の腕自慢たちが集い盛り上がる和船競争
[写真右]水位の異なるところへ移動するパナマ運河方式の水門が体験できる

[取材協力・資料提供]国土交通省東北地方整備局青森港湾事務所/青森県県土整備部港湾空港課/(財)みちのく北方漁船博物館財団/青森観光総合案内所


Back Number