title
title
Back Number
 


名古屋港は日本列島太平洋沿岸のほぼ中央に位置し、
中部圏のみならず日本の経済、産業、貿易を根底から支えてきた。
貿易額、貿易黒字額、さらに約1億5千万tの総取扱貨物量でも
ここ数年全国一位の座を他港に譲らない。
我が国を代表する港湾、名古屋港が担っている役割と課題、
未来を切り拓いていくバイタリティ、
そこに日本の港湾の将来像が垣間見えてくる。

名古屋港(写真:名古屋港管理組合)

多機能岸壁、飛島ふ頭
飛島ふ頭全景(写真:名古屋港管理組合)
ふ頭を結ぶ美しい名港三大橋(名港トリトン)
コンテナ物流が主流となる前から名古屋港を支えてきた稲永ふ頭にも年間1,000隻を超える船が接岸する
飛島ふ頭南側では−16mの岸壁整備が進む

名古屋の港を開いた鉄製貨客船
 三市一町一村(名古屋市/東海市/知多市/弥富町/
飛島村)にまたがる広大な水面を有し、商業港と工業港
の機能を兼ね備えた総合港湾となった名古屋港。しかし
、本格的な港湾整備が始まったのは明治時代に入ってか
らであった。
 それまでは名古屋港発祥の地とされる「熱田の浜」が
船着き場としてにぎわっている程度だったが、1896
(明治29)年、いよいよ熱田湾築港工事が開始される
。この頃の熱田湾は水深が−1m程度で、一面を葦が覆
う沼地のようだったという。こうした悪条件下での築港
は巨額の税金を投入する必要があることから、実現した
例が国内では少なく、世論では工事反対の声が圧倒的だ
った。この状況を一変させたのが名古屋港の生みの親で
ある奥田助七郎、弱冠30代半ばの土木技師である。1
906(明治39)年、報知新聞社は大型貨客船「ろせ
った丸」を使い全国の主要港湾で巡航博覧会を開催した
。奥田はこの豪華客船を名古屋港に寄港させ、築港の重
要性を訴えようと考えたのだ。当然、主催者は建設中の
港への寄港に難色を示すが、奥田は並々ならぬ熱意を持
って船長に直訴、全責任を負うと言う奥田の情熱に船長
が応え、同年9月ろせった丸は名古屋港に入港する。船
の吃水が5.1m、航路の水深は−5.4mで、船底か
ら海底面までがわずか30cm程度という危険な入港だ
った。1時間近くかけて船が鉄桟橋に接岸すると港を埋
め尽くした観衆は万歳を三唱し、歓声を上げたという。
博覧会は十数万人の来場者を記録し大成功を収めた。こ
れを契機に港湾整備の重要性が市民に認識され1907
(明治40)年11月、名古屋港が開港した。
 開港以来、名古屋港は急速に発展し、昭和11年には
入港船舶5,000隻を突破、翌年の年間取扱貨物量は
800万tに達し、戦前の最高を記録した。ところが太
平洋戦争と、昭和19年の東南海地震、昭和20年の三
河地震の2度にわたる震災によって壊滅的な打撃を受け
、外貿荷役も停止状態になる。昭和26年に名古屋港管
理組合が設立され、戦災復旧が展開されるが、昭和34
年の伊勢湾台風により再び未曾有の被害を被った。
 しかし、港は立ち止まらなかった。昭和30年代後半
に南部、西部の臨海工業地帯の造成も始まり、名古屋港
は活気を取り戻した。港湾区域を一気に拡大したのもこ
の頃だ。震災を教訓として防災強化を意識した施設も整
備された。同時期に埋立が始められた金城ふ頭は名古屋
港初のコンテナターミナルとして昭和43年に供用が開
始されている。国際的な海上輸送を見据えた名古屋港新
時代の幕開けである。

Back Number